動画のコスパ

 

通信技術の向上及びyoutubeの躍進によりインターネット上に動画があふれるようになりました。

一つの動画を視聴し終わると、関連動画で次から次に新たなおもしろ動画をおすすめされるため、永久に時間を奪われてしまう。

僕もいい加減にしなければ人生の半分をyoutubeに捧げてしまいそうな勢いです。

ところでyoutubeには動画が視聴されると、その際に表示される広告の報酬が投稿者に収益として配分される仕組みがある。

広告表示には一定の条件があり、たくさん広告を挿入するにはある程度長い10分程度以上の動画尺が必要です。

したがって、近年のyoutubeに投稿される動画は10分以上の尺を持っているものが多いです。

たかが10分ですが、見せたい箇所にあえて無駄な部分を入れ込んで尺稼ぎをしているものも存在するため、視聴していて苦痛である時間が存在します。

視聴者はそれを打破するべく「倍速で視聴する」「シークして必要な場所だけを視聴する」等の工夫で乗り切っています。

倍速だと音声が聞き取りにくいから字幕があると都合が良いというわけです。

youtubeで字幕が重宝されるのはそういう理由もあります。

シークする場合にも目安となるのが字幕なわけですね。

実は情報として重宝されているのはテキストで充分で、動画がただの挿絵もどきとなっているケースがたまにあるのです。

「それなら結局テキストでいいのでは・・・」

いやそれでも動画のほうが発信も受信も楽でいいんだよとおっしゃる方もいるかも知れませんが、そうでしょうか。

発信側もちょっと舌を噛んだ際の撮り直し、会話の間をカットする・テロップを挿入する編集等、外注しなければ面倒くさくてやっていられない作業もたくさんあるでしょう。

更にはyoutube自体もし収益が発生しないサービスとなった場合、それでもなお動画で同等のことを発信するでしょうか。

実はTwitterでとつぶやいたほうが早くて楽となりそうなものです。

逆に受け手としての私見ですが、Youtubeにあるショート動画を見ていて思うところがあります。

ショート動画と言うのは、その名の通り前述のような長い尺の動画ではなく割りと短めの動画ですぐに視聴し終えて楽しめるものです。

確かにすぐ終わるので良い一面もあるのですが、気になる点が2つ。

1点めは、動画尺がわからない問題です。

ショートだからそこまで長くないのはわかるが、想像よりも長くて嫌になることがあるのです。

「主語から述語までが遠いよ!」

みたいな感じでしょうか。

関連して2点目、シークができない問題。

ショート動画はプログレスバーが存在しないため、好きなところまで動画を飛ばすことができません。(少なくとも私は)

動画尺が一般的に短かろうがショート動画でも、僕には長ったらしく感じるのでシークしたいのです。

「ショートのくせに長くない・・・?」

4コマ漫画のコマの横幅が30センチあるみたいなそんな感覚です。

短いから良くなったと見せかけて実はコスパ最悪になっていると僕は感じてしまいます。

本当に映像でないと伝わらないコンテンツ(映画や芸術作品)を除けば、ほとんどの投稿動画が実は不要であったりします。

ショート動画も上手に編集して面白いものも割とあったりもしますが、全部そうとは思わない。

文字にして数行で終わらせても面白さ同等みたいなものも多い。

ニュース番組を2時間観るよりヤフーニュースでぱらぱらと記事のタイトルを流し見る、気になった記事をテキストベースで一気に読むのが最速で時間コスパがいい。

一方で、本を一冊読むより、それを読了者が10分でまとめた動画を見るほうがコスパが良かったりします。

発信方法には適したものがあり、コスパが異なる。

情報の発信方法が増えたため、ついうっかり誤った手法を取ってしまう人が増えてきているのでしょう。

どのような手法で発信するのかは投稿者の自由だが、受信側は勝手に期待して裏切られて悶々としている。

SNS時代はそんなところが難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る